ソーラー発電専用PV蓄電池、オフグリッド・独立電源システム構築支援、高性能電源部品、バッテリー、その他省エネ機器の取り扱い・各種サービスを行っております。

独立電源システムのメリット・デメリット

導入のメリット・デメリット・リスク

独立電源システムの導入にもメリット・デメリット・リスクが存在します。

メリットは?

 最近ではオフグリッドシステムとも呼ばれることが多いソーラー発電システムで、電力会社からの電気(グリッド)と切り離された(オフ・独立)された電源システムを指します。

 主に太陽光発電やマイクロ風力発電機によって発電した電気を、蓄電池に貯め、特定の用途に対して必要な時に、必要な分だけ使用します。クリーンなソーラー発電を、都合の良いときに、その場で使用できるため、効率的で環境に優しいシステムといえると思います。

 山奥や沿岸沿い、岬、草原や山小屋など、電気が来ない場所で使われますが、近年は災害時の停電対策の非常用電源としての利用に注目がされております。

デメリットは?

設置場所や使用する条件に応じて制御システムや周辺部材を製作する場合、一般的にコストが高くなることが多いです。

リスクは?

またユーザー様の要求仕様に合致していない場合、全く役に立たないシステムとなり、設備投資費用が無駄になることがあります。。要求仕様に対して、過度にオーバースペックとなる場合にも割高な設備投資となり、無駄な費用をかけてしまうことにもなりかねません。

お気軽にお問合せくださいませ。 TEL 045-628-9093 受付時間 9時~18時
月~金(祝祭日を除きます)

PAGETOP
Copyright © サスティナブルパワー株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.