系統連系システムとは

いわゆる住宅用太陽光発電システムや、売電といわれるものは、こちらのシステムに該当します。主に太陽光発電や小型風力発電機、小水力発電などにより発電された電気が、蓄電池を使用せず、直接負荷に接続され、余剰電力を電力会社に買い取ってもらう仕組みです。

太陽光発電システムでは10kW未満を住宅用、10kW以上を公共・産業用とされています。

 

主な用途

住宅屋根やビル・工場などの屋上への設置がよく見られます。
近年は遊休土地の活用などにも利用されています。

系統連携システム